神戸大学 大学院理学研究科 物理学専攻 粒子物理学研究室

日本語 English

研究内容

次世代のニュートリノ検出器ハイパーカミオカンデ実現に向けた研究開発

ハイパーカミオカンデ計画は、26万トンの純水を使用する大型水チェレンコフ検出器を、神岡鉱山の地下に建設し、天体・人工ニュートリノ観測の統計精度を飛躍的に高めることをめざした計画です。現在の計画では、スーパーカミオカンデ検出器の約10倍の有効体積を持ち、タンクの壁に大型の超高感度光センサー40,000本を取り付けた検出器の検討を進めています。核子崩壊探索や天体・人工ニュートリノ観測で飛躍的な観測精度向上を目指します

メンバー

教員

  • 竹内 康雄
  • 鈴木 州
  • 中野 佑樹
 

大学院生

  • 山本 祥太郎
  • 尾崎 博紀
  • Kotsor Yurii
 

論文

リンク

プロジェクト

  • 神戸大学
  • 神戸大学
  • 神戸大学 大学院 理学研究科・理学部
  • 神戸大学 大学院 理学研究科・理学部 物理学科・物理学専攻