神戸大学 大学院理学研究科 物理学専攻 粒子物理学研究室

日本語 English

新着情報一覧はこちら

2021.12.7
素粒子実験学I が行われます
2021.12.1
丸山和純さん(素核研)による素粒子実験学特論B"加速器ニュートリノ実験" が行われます
2021.11.15
石川 明正さん(素核研)による素粒子実験学特論A"素粒子物理におけるフレーバー物理" が行われます
2021.10.22
素粒子実験学Ⅱが行われます
2021.9.2
日比宏明さんの研究成果発表会"Search for neutralino production in final states with low transverse momentum muon in pp collision at √s = 13TeV "が開かれます
水越 彗太さんの研究成果発表会"Data-driven projected WIMP sensitivity of XENONnT Experiment with neutron Veto"が開かれます
2021.6.19
物理学専攻オープンラボがオンラインで開催されました。
2021.5.19
新学術領域「地下から解き明かす宇宙の歴史と物質の進化」領域研究会がオンラインで開催されました。
2021.4.29
物理学専攻オープンラボがオンラインで開催されました。
2021.2.11
前田さんが2021 ATLAS Outstanding Achievement Awardsを受賞しました
2021.2.2
Daniel Jeans氏(KEK)による特別講義 プレミアムプログラムレクチャー"The International Linear Collider project" が行われました。
2021.2.1
竹田康亮さんの博士論文発表会が行われました。
2020.12.25-26
マイクロパターンガス検出器 (MPGD) & アクティブ媒質TPC合同研究会が、神戸大学 先端融合研究環統合研究拠点コンベンションホール (ポートアイランド)で開催されました。
2020.12.9
ミグダル観測検討会2020が行われました。
2020.11.27-
素粒子実験学IIIが行われました。
2020.11.18
南條 創さん(阪大)による物理学専攻談話会「K中間子の稀な崩壊を用いる新物理探索の現状と展望」が行われました。
2020.11.16-18
南條 創さん(阪大)による素粒子実験学特論Cが行われました。
2020.10.26-28
素粒子実験学IVが行われました。
2020.10.14
梅本 篤宏 氏 (名古屋大学)による粒子物理学セミナー「原子核乾板を用いた暗黒物質方向探索実験の高感度化の研究」をオンラインで行いました。
2020.10.7
竹田康亮さんの研究成果発表会"Search for third-generation leptquarks at √s=13 TeV with ATLAS detector"が開かれました。
2020.9.29-30
高エネルギー物理学Ⅲが行われました。
2020.9.24
岸本 康宏さん(東北大)による物理学専攻談話会”ニュートリノと暗黒物質”が行われました。
2020.9.23-25
岸本 康宏さん(東北大)による素粒子実験学特論Dが行われました。
2020.9.1
理学研究科 科研費研究員として東野聡さんが着任されました。
2020.8.11
ほとんど0円大學で身内さんの研究が紹介されました。
2020.6.17
XENON コラボレーションは、暗黒物質直接探索実験において世界最高感度を持つ XENON1T 実験で得られた観測データに、これまで予想していなかった過剰な事象が見つかったと発表しました。 プレスリリース
2019.8.28
神戸大学ブリュッセルオフィス(KUBEC)で研究室主催のKUBEC International Workshop on Dark Matter Searches 2019を開催しました。
2019.4.1
身内さんがプロジェクトリーダーである先端融合研究環 開拓プロジェクト宇宙暗黒物質研究が始まりました。

 

私たち粒子物理学研究室では、巨大な粒子加速器や、宇宙から飛来する宇宙線の観測を通じて、素粒子の性質を実験的に解明することを目指しています。