大学院生のころ、RISC CPU上で動作するUNIXからVME経由でCAMACを操作するカーネルモードのデバイスドライバを開発し、リアルタイム性能を初めて定量的に評価しました。 そしてRISC/UNIX-VME-CAMACシステムが高エネルギー物理学実験でも使用でき得ることを示しました。 このページは、その当時配布していたソフトウェアの保管場所です。

研究発表・論文

CAMAC device driver for FORCE SPARC CPU-50T + Solaris 2.6

CAMAC device driver for SFVME + SPARC Solaris 2.x

CAMAC device driver for SFVME + SPARC Sun Os 4.x

CAMAC device driver documents

Variable buffer length NOVA

Other sites


竹内康雄 (YasuoTakeuchi)


添付ファイル: fileannounce.sol26.txt 1160件 [詳細] fileINSTALL.SJIS.txt 876件 [詳細] filenova_var.txt 1153件 [詳細] fileNova-1.12sk.tar.gz 989件 [詳細] fileperform.sparc.txt 1115件 [詳細] filecamlist.ps.gz 684件 [詳細] filecamlib.ps.gz 1226件 [詳細] filecamlib.docs-0.81.tar.Z 966件 [詳細] filev1.22d_to_v1.22e.patch 1146件 [詳細] filecamac.sparc-1.22d.ss10.tar.gz 931件 [詳細] filecamac.sparc-1.22d.tar.gz 925件 [詳細] fileINSTALL.DOC 553件 [詳細] fileREADME.txt 1151件 [詳細] filecamac.sol2-1.30.tar.gz 953件 [詳細] fileREADME.sol2.txt 1049件 [詳細] fileFORCE-50T-sol2.6.tar.gz 919件 [詳細] fileREADME.sol26.txt 1482件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-12 (水) 21:25:28